家族相談士というカウンセラー

家族相談士という名前を聞いたことはありますか?家族相談士も心理カウンセラーの一つで、家族のことで問題を抱えている人を対象にカウンセリングを行います。家族というものは血のつながりが濃い間柄なのですが、それがときとして負担になることがあります。そんなときに、心理学的にアプローチして、支援するのが家族相談士です。家族関係の調整を行ったり、良い家族になるためのアドバイスを行ったりします。家族の問題というのは、やはり教育関係や医療関係など様々な分野に結びついているので、放置しておくと深刻な危機に陥ることがあります。そんなことにならないためにも、ぜひ家族相談士が親身になって相談に乗ってあげる必要があります。

どうすればなれるのか?

では、家族相談士になるにはどうすればいいのかですが、家族相談士は日本家族カウンセリング協会が資格試験を実施しているので、それに合格する必要があります。試験は2月から3月にかけて行われます。受験資格は特に学歴などは関係なく、家族相談士養成講座に登録した人や、家族心理学の分野で実績のある人などが受験することができます。合格率は90%程度と高いので、比較的簡単に取得できるカウンセリング資格です。家族のことで悩んでいる人はたくさんいますので、これからの時代にも必要とされます。また、カウンセラーとして活躍しなくても、家族相談士の資格を取得しておくことによって、良好な家族関係を構築することができます。

どんな活動をしているのか?

実際に、家族相談士はどのような活動をしているのかといいますと、例えば自治体のファミリーサポートセンターなどで勤務している方が多いです。そこには、家族の方で悩んでいる方が多く訪れるので、家族相談士が適切なアドバイスなどを行い、相談者の悩みをケアします。また、子育てに不安を抱えている人や、将来親の介護のことで不安に思っている人なども対象にしているので、ファミリーサポートセンターには日々たくさんの人が訪れています。家族は他人とは違って問題が深刻になりやすいので、家族相談士は問題の早期解決をすることができるように努める必要があります。

認定心理カウンセラーとは何か?

認定心理カウンセラーというカウンセラーを聞いたことがありますか?これはどのようなカウンセリングを行うのかといいますと、看護師や介護福祉士などが患者に対してメンタルケアを行います。看護師や介護福祉士は、カウンセリングによって、患者の精神的負担を緩和することができます。なので、医療や介護の現場では、認定心理カウンセラーが重宝されることがあります。これからの日本は高齢化がますます進みますので、認定心理カウンセラーの需要はますます高まっていくと言えるでしょう。なので、あなたも医療や福祉系の仕事に興味があるなら、認定心理カウンセラーの資格を取得して損はありません。ぜひ資格取得のために勉強していきましょう。

どのくらいの難易度なのか?

認定心理カウンセラーの資格の難易度はどのくらいなのかといいますと、基本的にはそこまで高くありません。認定心理カウンセラーの專門講座を受講すれば、受験資格を得ることができますので、大学を出ていなくても大丈夫です。また、養成講座の受講資格も半年なので、他の資格に比べると半年で取得できることもメリットです。臨床心理士は取得までに7~8年くらいかかりますので、それに比べたら時間も労力も大幅減です。自分自身のメンタルケアや、本格的なカウンセリングを学びたい方、そして患者とのコミュニケーションをスムーズに行いたい方はぜひ認定心理カウンセラーの資格を取得するといいでしょう。

認定心理カウンセラーになろう

認定心理カウンセラーとしての資格を取得することによって、カウンセリングレベルが一定の基準に達していることが証明されます。認定心理カウンセラー資格を取得している人は、主に福祉施設や医療機関で勤務しています。さらにキャリアアップしたい方は、認定心理カウンセラーの資格を取得した後に、産業カウンセラーや臨床心理士などのより高度な資格を取得することによって、ますますカウンセラーとしての評価をされるようになります。対応できる業務が増えれば、それだけ収入も増えていきますので、カウンセラーとして将来独立を考えている方は、まずは認定心理カウンセラーの資格を取得するのもいいでしょう。

産業カウンセラーの仕事内容とは?

数あるカウンセラーの中には、産業カウンセラーという資格があります。産業カウンセラーとはどのような業務なのかといいますと、実際に企業などで働いている方を対象にしているカウンセラーです。企業の中で働いていると、色んな局面に遭遇することがあります。そんなときに、相談に乗ってくれるのが産業カウンセラーです。働いている方をサポートするという役目を担っているので、最近では企業にも産業カウンセラーが配置されるようになりました。キャリア支援を行ってくれる産業カウンセラーは、今後働き方の多様化を迎える時代においては、需要が特に高まっている存在だと言えます。では、産業カウンセラーになるためにはどうすればいいのでしょうか。

産業カウンセラーの受験資格とは?

産業カウンセラーは民間資格になります。受験資格は、大学や大学院で心理学や人間科学などを学んだ方にあります。または、産業カウンセラー養成講座などを学んだ方に受験資格があります。大学を出ていないと受験できないというわけではありませんので、その点は安心です。また、合格率は、だいたい60%前後です。そこまで難しい資格というわけではありませんので、社会人の方でも勉強すれば取得できるくらいの難易度です。試験は学科試験と実技試験に分かれており、毎年1回行われます。例年1月から2月にかけて試験が行われますので、その点は予め理解しておきましょう。合格発表は3月です。

心理カウンセラーの中では取りやすい

産業カウンセラーの資格は、心理カウンセラー系の資格の中では取りやすい資格です。心理カウンセラー系の資格では、精神保健福祉士や臨床心理士の資格が難易度が高く、取得するのが困難ですが、それらの資格に比べたら初心者でも比較的目指しやすい資格だと言えます。心理カウンセラーとして活躍したいと思っている方は、まずは産業カウンセラーの資格取得に向けて勉強するのもいいでしょう。最近は企業でも働き方を見直すという動きがあります。そんなときにこそ、産業カウンセラーの出番になりますので、働いている人を支援するためにも、ぜひ産業カウンセラーを目指してください。

精神保健福祉士とは何か?

精神保健福祉士とは、専門職の国家資格です。業務内容は、心の病気の人が社会生活を営むことができるように、アドバイスしたりサポートしたりすることです。精神保健福祉士は、1997年に誕生し、2005年からは障害者自立支援法が制定されたこともあって、近年はますます活躍の場が広まっています。福祉だけではなくて、保険や医療の現場でも精神保健福祉士が求められていますので、将来も活躍が見込めます。また、精神的に障害を抱えている人が社会復帰できるようにサポートするだけではなくて、就労支援や保健所などでメンタルヘルスを行うこともあります。広く市民の役に立つことが可能な職業です。

資格取得の難易度はどうなのか?

実際に精神保健福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があります。精神保健福祉士の資格を取得するためには、大学や短大で福祉系の分野を専攻することが最短ルートだと言えます。また、卒業後には実務経験を積んだり、精神保健福祉士の養成施設に通ったりして精神保健福祉士になる人が多いです。精神保健福祉士の合格率は、だいたい60%くらいです。試験の日程は、毎年1月ごろに試験、そして3月頃に合格発表という流れです。精神保健福祉士なるためには、通信講座ではなくて短大や大学で学ぶことが近道です。遠回りすると学費や時間を無駄にしてしまいますので、精神保健福祉士になりたい方は、在学中からしっかりと意識しておきましょう。

精神保健福祉士はどこで働くの?

精神保健福祉士は、精神障害を抱えている人を相手にしますので、医療機関や地域の生活支援サービス、さらには行政機関などで働きます。または、ハローワークなどでも働くことがあります。精神的にハンディキャップがある人をケアすることはとても重要なので、そのような支援機関では特にニーズが高まっています。国家資格なので取得するまでには時間と労力がかかりますが、それだけ活躍の場が見込めますので、心理カウンセラーとして第一線で活躍したい方は、ぜひ精神保健福祉士の資格を取得しましょう。精神保健福祉士は国家資格なので、取得すればそれだけ心理カウンセラーとしての信用も高まります。

心理カウンセラーの求人情報について

心理カウンセラーは、最近マスコミにもよく登場するくらい、とても注目されるようになりました。なので、心理カウンセラーを目指す人も増えてきていますし、さらには占い感覚で心理学を学びたいと思っている人もたくさんいます。しかし、実際に心理カウンセラーとして働くには、かなり狭き門だということは理解しておきましょう。いくら最近心理カウンセラーがマスコミに取り上げられているからといっても、まだまだ心理カウンセラーは他の職業に比べたらマイナーであることは否めません。なので、求人情報自体、そこまで多くありませんので、公務員はもちろんですが、民間企業の場合でも競争率が高いのが実情です。遊び半分で心理カウンセラーになろうと思っても難しいのです。

現実の心理カウンセラー

心理カウンセラーとして働いている人は公務員にもいますが、多くは民間企業でパートや非常勤として勤務しています。また、中にはボランティアで心理カウンセラーとして活動している人もいます。ただ、誰しも心理カウンセラーになれば必ず活躍できるというわけではありませんので、今話題になっているからといって安易に心理カウンセラーになろうと思ったら、後悔することになります。もしもあなたが心理カウンセラーになろうと思っているのであれば、それだけ厳しい世界であることを予め理解しておきましょう。もちろん、実際に心理カウンセラーとして高給を得ている人もいますので、心理カウンセラー自体がダメというわけではありません。あくまでもあなた次第というわけです。

臨床心理士が人気

心理カウンセラーとして第一線で活躍するために、ぜひ臨床心理士の資格を取得しておきましょう。多くの求人情報では、臨床心理士の資格があるかどうかが問われています。もちろん、実務経験もプラスにはなりますが、臨床心理士の資格というのは多少の実務経験よりもずっと価値があります。臨床心理士の資格は、大学に進学して取得する人が多いので、かなり難関の資格であることは間違いありませんが、心理カウンセラーとして自立するためには必須の資格です。心理カウンセラーはとても狭き門なので、生半可な気持ちで目指すくらいなら、最初から止めた方がいいでしょう。しかし、きちんと臨床心理士などの資格を取得して経験を積めば活躍できます。

【広告】
心理カウンセラーの資格と仕事

心理カウンセラーの資格を取得なら日本心理カウンセラー養成学院。
NPO法人日本カウンセリング普及協会が実施する様々な資格取得をサポートします。
参加無料の体験入学説明会随時開催中!