精神保健福祉士の取得難易度と業務内容とは?

精神保健福祉士とは何か?

精神保健福祉士とは、専門職の国家資格です。業務内容は、心の病気の人が社会生活を営むことができるように、アドバイスしたりサポートしたりすることです。精神保健福祉士は、1997年に誕生し、2005年からは障害者自立支援法が制定されたこともあって、近年はますます活躍の場が広まっています。福祉だけではなくて、保険や医療の現場でも精神保健福祉士が求められていますので、将来も活躍が見込めます。また、精神的に障害を抱えている人が社会復帰できるようにサポートするだけではなくて、就労支援や保健所などでメンタルヘルスを行うこともあります。広く市民の役に立つことが可能な職業です。

資格取得の難易度はどうなのか?

実際に精神保健福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があります。精神保健福祉士の資格を取得するためには、大学や短大で福祉系の分野を専攻することが最短ルートだと言えます。また、卒業後には実務経験を積んだり、精神保健福祉士の養成施設に通ったりして精神保健福祉士になる人が多いです。精神保健福祉士の合格率は、だいたい60%くらいです。試験の日程は、毎年1月ごろに試験、そして3月頃に合格発表という流れです。精神保健福祉士なるためには、通信講座ではなくて短大や大学で学ぶことが近道です。遠回りすると学費や時間を無駄にしてしまいますので、精神保健福祉士になりたい方は、在学中からしっかりと意識しておきましょう。

精神保健福祉士はどこで働くの?

精神保健福祉士は、精神障害を抱えている人を相手にしますので、医療機関や地域の生活支援サービス、さらには行政機関などで働きます。または、ハローワークなどでも働くことがあります。精神的にハンディキャップがある人をケアすることはとても重要なので、そのような支援機関では特にニーズが高まっています。国家資格なので取得するまでには時間と労力がかかりますが、それだけ活躍の場が見込めますので、心理カウンセラーとして第一線で活躍したい方は、ぜひ精神保健福祉士の資格を取得しましょう。精神保健福祉士は国家資格なので、取得すればそれだけ心理カウンセラーとしての信用も高まります。