認定心理カウンセラーはどのようなカウンセラーなのか?

認定心理カウンセラーとは何か?

認定心理カウンセラーというカウンセラーを聞いたことがありますか?これはどのようなカウンセリングを行うのかといいますと、看護師や介護福祉士などが患者に対してメンタルケアを行います。看護師や介護福祉士は、カウンセリングによって、患者の精神的負担を緩和することができます。なので、医療や介護の現場では、認定心理カウンセラーが重宝されることがあります。これからの日本は高齢化がますます進みますので、認定心理カウンセラーの需要はますます高まっていくと言えるでしょう。なので、あなたも医療や福祉系の仕事に興味があるなら、認定心理カウンセラーの資格を取得して損はありません。ぜひ資格取得のために勉強していきましょう。

どのくらいの難易度なのか?

認定心理カウンセラーの資格の難易度はどのくらいなのかといいますと、基本的にはそこまで高くありません。認定心理カウンセラーの專門講座を受講すれば、受験資格を得ることができますので、大学を出ていなくても大丈夫です。また、養成講座の受講資格も半年なので、他の資格に比べると半年で取得できることもメリットです。臨床心理士は取得までに7~8年くらいかかりますので、それに比べたら時間も労力も大幅減です。自分自身のメンタルケアや、本格的なカウンセリングを学びたい方、そして患者とのコミュニケーションをスムーズに行いたい方はぜひ認定心理カウンセラーの資格を取得するといいでしょう。

認定心理カウンセラーになろう

認定心理カウンセラーとしての資格を取得することによって、カウンセリングレベルが一定の基準に達していることが証明されます。認定心理カウンセラー資格を取得している人は、主に福祉施設や医療機関で勤務しています。さらにキャリアアップしたい方は、認定心理カウンセラーの資格を取得した後に、産業カウンセラーや臨床心理士などのより高度な資格を取得することによって、ますますカウンセラーとしての評価をされるようになります。対応できる業務が増えれば、それだけ収入も増えていきますので、カウンセラーとして将来独立を考えている方は、まずは認定心理カウンセラーの資格を取得するのもいいでしょう。